iPhoneImage.png

前回書いた記事がその1でとまっているのに、久しぶりに違う記事を書くのです。ピナクルです。

 

なんとなく思った事を忘れないために書く用に。

自分用に。

レディプレイヤー1は、ざっと感想みていると日本のポップカルチャーの部分とか

おれはガンダムでいく!のあたりのオタク心をゆさぶるシーンのこととかばっかりしかみないけど

わたしにとってこれは、ゲーム開発者とプレイヤーのあるべき姿の部分にとても心を打たれて

その部分をみたいがゆえに映画館に2回足を運んでいたよ。

 

この話は、いわゆるネトゲの話でして主人公はリアルから逃げてオアシスという

なんにでもなれる、できる、その世界で活躍していくわけですね。

で、そのオアシスを作ったハリデーが亡くなり、最後にそのゲーム内に宝を隠し

それを最初にみつけたものに、ゲームの管理権やら資産やらを譲るっていうから

いろんな人たちがその宝をめざす、みたいな感じなんだけど。

 

その宝を探すためのヒントが、ハリデーの過去。ハリデー年鑑というアーカイブがあって

この時なにを言っていたか、何を観たか、とかをぜんぶみれるわけ。

主人公はそこに通いハリデーがどういう考えで、どういう思考で、どういう想いで

っていう部分を感じて、宝を手にしていくの。

なんていうかねーここの部分が比較的自分に近くてさ。

わたしも、ドラクエ10っていう大切なゲームがあって今それを作っている方々が好きで応援してて。

再三言っているけど、安西先生が好きで今は先生はディレクターなので

かなり中心部分を作っているわけですよ。先生がどういう想いで作っているのか、を

わたしも過去インタビューとか、そういうの何度も読み返してはストーリー見直してみたり

そういう遊び方をしているわけですね。

でもそういうことをしている人間ってあまりみかけないし、何より気持ち悪いよなあって思ってたけど

なんだかちょっとだけ肯定された気がしたわけです。

 

結局最後は主人公がみごとに試練を乗り越えて宝を手にするんだけど

ハリデーに最後にこう言われるんですよ。

「ありがとう。僕のゲームで遊んでくれて」って。

もうぼろ泣きですよね。

開発者にこういってもらえるって。

そこまで遊びつくせることって。

ここまで幸せなあり方って、すごくステキだと思ったんです。こういう開発者とプレイヤーの関係が。

 

悲しいかな、わたしはあまり強いコンテンツはやれてないので

そういう点では遊びつくせてはないし遊びつくせないと思うんだよね…。

でもだからこそ、ちゃんと受け取りたい。どういう想いでっていう部分を。

なんだろうな、たぶんニコ生とかの印象とかで安西先生って比較的あっけらかんとした印象で

取られてしまっているようにも思うんだけど、ぜんぜんそんなことないのにねっていうね。

まっすぐな熱さをもってる方だと思ってる。

ここを語らせたら長くなるから、またの機会になるけど

なんだかそういうことをいろいろとこの映画で考えさせられたっていう覚書でした。

 

 


スクエニカフェでドラクエ10コラボが始まったので、友達と行くのは後日なので

まずグッズを買いに行ってきました。


バージョン4の新しいキャラクターのキュルル。

ぬいぐるみがあるってことは、商品化まったなしか。



テイクアウトドリンクでもコースター貰えます。



色々グッズ買ってたら1万円は飛んで行った。

本望だが!!!



ご飯関係はまた後日。

今日はちょっと久しぶりに更新してみたのは

スマホからちょっと試し書き。

いい感じだったら今後もちょいちょい載せたいが予定は未定。

最近はちょっと将棋に興味がでてきて。

というか、ドラクエ10のチーフプランナー安西先生が出ている人狼方面にも将棋棋士の方々が多くて、

それきっかけで作られた『女流棋士の春』という映画がめちゃめちゃ好きで!!

それにでてる安西先生がめちゃかっこいいんだけど、その映画の主演が香川愛生女流三段。

そんな香川さんの将棋が生で見られる、ということで紀伊国屋ホールにいってきました。

 

将棋イベント行くのも初だし、そもそも女流棋士のイベントだから

きっとお客さん男性多いのかなって思っていたら、9割5分くらい男性だったw

なんていうアウェイ。。。

男性棋士のイベントだともうちょい女性客多いんだろうか・・・。

 

でも、一応今回のイベントは3月のライオンのコラボっていうこともあって

女性のお客さんにも楽しんでもらえるように、という試みもあったみたい。

女性だけに化粧品のサンプルもらえたりしたし!

綺麗な着物をきたかわいい女流棋士の方々をみれることって、

女性にとっても楽しめることだと思った。かわいいは正義!だもん。

開場すぐにそんな女流棋士の方々と一緒に写真をとれたみたいなんだけど

わたしがついたときにちょうど終わってしまって、ちょっと残念だった。

でもかわいいに囲まれた自分をみたら、自分が悲しくなりそうな気もしたので

やれなくて正解だったかもしれないw

 

最初に3月のライオンについてのトークイベントがあって

そのあとに室谷さん香川さんの対局があった。

対局途中で、いったん休憩があり香川さんが封じ手をして

お客さんはその封じ手を3択の中から当てるという企画もあった。

解説の先崎さん山口さんの二人の予想とその他の3択だったけど

わたしこれ当たってたw 景品は当たらなかったけども、将棋初心者なので

この程度でもうれしかったりするw

 

初心者なりにでも、一応勉強していたので解説ありきでなんとなくはわかる程度でしたが

とにかく先崎さんと山口さんの漫才のような解説がすごく面白かった。

将棋棋士の方々って素敵な魅力的な人たちばっかりなんだなあ。

 

対局は室谷さんの最後の1手が、素人目にみてもすごくって結果室谷さんの勝利。

でも香川さんもとても攻めていたようにも思えたし

長年のライバル!という熱い勝負を生でみることがこんなにも熱くなるものなのか、と

本当にみれてよかったと思いました。将棋ってすごいよ!

 

終わった後はサイン会。せっかくなので色紙にサインいただこうと待っていたら

見に来ていた安西先生にも会えてほくほく。またね!っていってもらえてほくほく。

サイン会も普通のサインではなく、書だからひとりひとりすごく丁寧だから時間かかるけど

でも、それだけものもをいただけるのだなあって思ったら待ち時間も苦ではなかったし。

 

香川さんとは映画の時とか、もろもろで一応お会いしていたりツイッターでリプいただいたり

していたので、でもきちんと挨拶したことなかったので、わかるかなあ?って思っていたら

待ち時間中に目が合って会釈してくださった。ああ、わかってくださってる、さすが。。

(並んでいた男性ファンの方々が誰に!?!?ってなってたww)

サインいただいた時も安西先生のお話しとかしてくだすって、

わたしが今日きたこともすごく喜んでくださって、本当に素敵な方!ますますファンになるよ!

サイン大切にしたいと思います!

 

iPhoneImage.png

 

ほんと素敵なイベントだったなあ。もっと将棋を知りたい!ってすごく思ったし。

またこういう機会があったら見に行きたいなと思いました。

 

 

これはミートモっていうスマホアプリで作ったドラクエ開発者の方々。

ニンテンドーのMiiで似顔絵感覚でキャラを作れるっていうのが自分にあってたようで。

これもちょっと似てるってんで評判良かったのよ。

まあ誰が誰だかはコアなドラクエ好きしかわからないだろうから割愛しますが!

(ただ堀井さんは慎重につくったかいあって似てると自画自賛)

 

調子乗ってジュリーを作ったらぜんっぜん似なかった・・・。

帽子を斜めにかぶれないのがつらいところ。

若いころの写真みて作ったけどいっそおじさんジュリーのほうがよかったかな。

またリベンジしてみよう。

 

今度こういうMiiでストーリーを遊べるゲーム出るらしくて楽しみなのです。

 https://www.nintendo.co.jp/3ds/adqj/index.html

トモダチコレクションもまたやりたくなったなあ。。

 

 

最近なんでまたブログ書いてるかっていうと

ドラクエ10をいったん休止したからなんだけど。。。

ドラクエ垢のツイッタも辞めたし誰かと遊ぶことになくなったし

あんまりやりたいっていう気持ちにならなくなったのと。

最近残業多いってのがあって。

ただドラクエ10作っている人たちはすっごい好きなので応援していたいから

完璧に引退することはないと思うけど、、、てか安西先生いなかったら

とっくにキャラデリしてたと思うけど、、、

せめてストーリーだけはやれるようにいったん休止。

で、ゲームやってた時間が空いたので

また違うことする時間作ろうかなあって。

ブログ書くのもその一環ね。

文章書くのやっぱ続けてたほうがいいのかなって思うので。

 

まあもうあまり見る人もいないだろうから気楽に書きたいときだけ書きます。

そんな今日この頃。

沢田研二,GRACE,覚和歌子,白井良明
ココロ・コーポレーション
¥ 4,374
(2002-11-12)

今回のツアーで歌っていた曲も多数入っているのと

ジュリー祭りのDVDみて気になった曲が入っていたので購入したアルバム。

ジュリーいっぱいCDあるからなに買っていいかわからんからなw

ベストアルバム以外のオリジナルはこれをはじめて買った。

 

これすごいわ。。。この年の時点での集大成のアルバムなんだと思うけど

すっごいロックしてる。し、いろいろ歌詞が染みるものが多いなあ…。

こないだのツアーで「マッサラ」うたってたんだけど、これほんと

めちゃくちゃライブで映える。あんなに激しい曲歌う68歳。

 

個人的にはジュリー祭りでも歌っていた「確信」という曲がすっごく好きで。

なんかすごいジュリーと重ねて聴けるし、前向きになれる曲。

 

前に記事書いたワインをふりかけもそうだけど、このくらいのテンポの

ジュリーがステージを左右に歩きながら

ステップ踏みながら歌う曲がどうもわたしは好きみたい。

 

この知らない曲をちょっとずつ開拓していくのがすごく楽しいんだよな。

ジュリーマニアの中では何が人気曲なんだろうか。

チャゲアスでいう「PRIDE」的な、シングル曲じゃないけど人気鉄板の曲、

みたいなのあるのかな…。あんま情報なくて…。

とりま自分の好きだと思った曲を動画で探りつつ、CD集めて行こう。

まずはこのアルバムなんせ2枚組なので当分毎日聴くことにします。


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

etc.


にほんブログ村 病気ブログへ

Twitter



ログはこちらからどぞー。

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

ロイヤル・ストレート・フラッシュ
ロイヤル・ストレート・フラッシュ (JUGEMレビュー »)
山上路夫,阿久悠,安井かずみ,東海林修,船山基紀,大野克夫,宮川泰

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM